ニキビの入浴法


背中や鎖骨まわりにニキビができている場合、あせものように体中に炎症ができている可能性があります。 こんな場合は、肌のケアをする時に注意が必要です。


では、ニキビを治したい人が気をつけるべき入浴法のアドバイスなどをしていきたいと思います。




ゴシゴシと体を洗浄しても、毛穴の中アクネ菌まできれいに落とすことは不可能なのです。やるだけ無駄です。何よりも、肌へ強い刺激を与えるだけになります。


こすることで、ニキビが悪化して、シミになることもありますよね。 こうなっては、美肌ケアをしていても、何もなりませんよね。


背中、胸などのニキビケアは、体を洗う際にも、綿のタオルで優しく洗います。 お勧めは、ボディソープよりも低刺激の石鹸です。 そして、洗った後は、背中や胸など、ニキビができやすいところには、ボディクリームなどを塗らないようにしましょう。


クリームの油分が、ニキビをつくってしまう原因になるからです。 また、お風呂で流し残したシャンプーやリンスも、肌にはNGです。 先に、シャンプーやリンスをして、最後に、体を優しく洗い上げ、十分に泡を落としましょう。


背中や胸にできてしまったニキビは、かいた汗や、衣類の刺激でさらに悪化します。 ですから、夜、寝ている間にかいた汗は、朝のシャワーできれいに落としてから出勤しましょう。


夏場は特に、ボディシートなどを使って、汗をこまめに拭き取り清潔な状態をキープしましょう。 現在では、使い捨てのボディシートが売られています。だから、それを使って、トイレやロッカールームなどで体を拭いておきましょう。


汗をかいたら、まめにボディケアをすることです。ニキビが改善できます。 また、ニキビで。木綿など、吸湿性がよく、肌触りのよい素材でできた洋服がお勧めです。






資生堂のピンプリット、アクネケア プログラムd プログラム、シノアドアなどから効果が高いと評判の薬やファンデーション、化粧水をピックアップしていきます。